これから価格高騰しそうな高級腕時計~ロレックス編~

圧倒的再販価値と買取率を誇るロレックス。実際、投資目的で買う方も多いです。

国内外を問わないネームバリューや外観のカッコよさだけではなく、ロレックスの非常に高い技術力は「長く使用すること」を前提とした時計作りに注力されているため、中古であっても実用性を維持できることが値崩れしない大きな理由。

また、生産終了、言わば「型落ち」の中のモデルの多くが定価より高額買取に至るプレミア現象も、ロレックスならではです。

ちなみに現在、新型コロナウイルスなどの社会情勢によって高級時計の相場が全体的に上昇していますが、ロレックスはやはり別格。他の追随を許さない情報幅は、ここへきて値崩れしづらさ・資産価値の高さを改めて証明していると言えます。

ちなみになぜ高級腕時計相場が全体的に上がっているか。

様々な要因がありますが、一つには消費が高級嗜好品に向かっていることが挙げられます。

最近では新型コロナウイルス禍においてもじょじょに経済活動を復活させており、一方まだレジャーや飲食での消費が回復したとは言い難い状況です。そのため高級腕時計や宝飾品といった、高額品への消費が一気に加速することとなりました。

さらに「ロレックス投資」とか「ロレックスマラソン」が大きな話題にのぼり、大手メディアも取り上げるようになったことも、背景として大きいでしょう。現在、各国が経済政策の一環で金融緩和制作を打ち出しています。さらに前述したレジャーや飲食控えから「カネ余り」の状態となり、この余剰資金がリセールバリューの高いロレックスへと向かいつつあるのです。

加えて、新型コロナウイルスの影響で各ブランドが生産数を削減せざるをえない状況に陥っています。国際間の人流も制限されていることから思うように海外仕入れもかなわず、結果としてブランド側の意図しない「生産調整」が行われ、高すぎる需要に追い付かないといった事情も見受けられます。

こういった背景に加えて、ロレックスの需要は変わらず一定で、むしろ「高くてもリセールバリューが良いから買いたい」「これ以上高騰してしまう前に買っておこう」といった消費者マインドが価格を後押ししており、ロレックスの資産価値・再販価値を下支えしているのです。

一方で全てのモデルが全く相場高騰というわけではなく、下がり傾向のモデルもいくつかあります。もっとも、ここ最近の上昇率が凄まじかったので、いったん落ち着いた、という見方もありますが・・・

先行き不透明感からか所有するロレックスを売りに走ったユーザーも多く、状態の良い個体が比較的よく出回っています。

つまり、今「価格高騰しそうなロレックス」に狙いを定めて買っておけば、今後社会情勢が変わってさらにロレックス相場が上昇した時、思わぬ儲けを手にできるかもしれない、ということです!!

以上を踏まえたうえで、「これから価格高騰しそうなロレックス」をご紹介いたします!

【関連記事】:http://cirandas.net/cookshop985/blog

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s